Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
大阪環境カウンセラー協会による「環境出前講座」   野のはな

 

「野のはな」の障碍者の事業所では、環境カウンセラーの出前研修を受けています。内容は少し難しいのですが、人形劇やクイズ、エコバッグ作りなどを織り交ぜて、楽しく勉強できるようにしてあります。誰もが考えなければならない「地球環境」について、今年もみんなで学びました。
 

各事業所の様子はこちらから「マジックブルーム」「ガマダシモン」「ウィンディ・ウィローズ」「森の小径、森の小径2号館

 

 

講師は、大阪環境カウンセラー協会の水藻英子さん。

 

大阪環境カウンセラー協会は、今年3月に一連の活動が認められ、第1回環境カウンセラー環境保全活動表彰で、「環境大臣賞」を受賞しました。

 

機関紙「森のこえ 風のうた」に環境出前講座について、寄稿していただきました。(以下全文)

 

「決まりやからごみの分別をしているけれど何のためにしているのかわからない」という利用者の声を聞き、環境出前授業を「マジックブルーム」で始めたのが、8年前でした。利用者の「自立」や「社会参加」の一助となるような取り組みにしたいけれど「アカデミックな内容ではなく、楽しんで学ぶ」ことを優先していただきたいという要望に応えるため、講義と実験やゲーム、工作、人形劇などを盛り込んだ3部構成のスタイルを定着させました。「こんなに静かに聞けると思っていなかった」という施設長の言葉が私たちの活動を継続させています。

 

 

授業内容では毎年、違ったカテゴリに挑戦しています。ごみの分別(3R)、省エネ、地産地消、水質実験、酸性雨、さまざまな発電、マイバッグを持とうなど多岐にわたります。2年前から「ガマダシモン」で用意してもらっている「タマネギの皮」を使ったオリジナルエコバッグづくりが好評で、オレンジコープの機関紙「森のこえ、風のうた」を目にしたという阪南市公民館をはじめ、桜井市や八尾市などからも声をかけてもらいました。高齢者施設「おひさま」で、利用者の方が「これやったら、孫にあげられるわ」と出来上がった作品に満足されていたのが印象的です。

 

 

今年、障碍者施設で行うテーマは「食品ロス」で、クイズとスノードーム作りを行います。来年は「海洋汚染〜マイクロプラスチック問題」を取り上げ、新作の人形劇にチャレンジします。クジラのおなかからビニール袋が出てきますよ。お楽しみに。

 

環境出前講座。好きなキャラクターでスノードーム作り   マジックブルーム

 

8月24日に行われた「環境出前講座」の様子です。

今年のテーマは「食品ロス」。講義を受けながらクイズをして、スノードームを作りました。みんな楽しそうでした。

 

機関紙「森のこえ 風のうた」の記事は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境出前講座でステキなスノードーム作り    ウィンディ・ウィローズ

 

8月24日に行われた「環境出前講座」の様子です。

今年のテーマは「食品ロス」。講義を受けながらクイズをして、スノードームを作りました。みんな楽しそうでした。

 

機関紙「森のこえ 風のうた」の記事は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境出前講座。食品ロスの原因は?  ガマダシモン

 

8月21日に行われた「環境出前講座」の様子です。

今年のテーマは「食品ロス」。講義を受けながらクイズをして、スノードームを作りました。みんな楽しそうでした。

 

機関紙「森のこえ 風のうた」の記事は、こちらから

 

 

 

 

 

 

環境出前講座。食品ロスを減らすためにできることは?   森の小径・森の小径2号館

 

8月21日に行われた「環境出前講座」の様子です。

今年のテーマは「食品ロス」。講義を受けながらクイズをして、スノードームを作りました。みんな楽しそうでした。

 

機関紙「森のこえ 風のうた」の記事は、こちらから

 

 

 

 

「スマイルフェスティバル 2019」に参加しました   マジックブルーム

 

8月7日(水)、「ライフケア尾崎」で開催された「スマイルフェスティバル 2019」に参加しました。地域の方々と一緒に食べて遊んで笑い合い! 楽しい時間はあっという間に過ぎました。

また、来年も参加したいです。

 

 

 

 

 

 

 

調理体験で餃子を作りました   マジックブルーム

 

「マジックブルーム」の7月の行事は調理体験です。みんなで餃子、チャーハン、スープ、キュウリのナムルを作りました。

 

キャベツと白菜、ニラを切る、玉ネギの皮をむく、ピーラーで人参の皮をむくなど、それぞれ分担して取りかかりました。最後に餃子を包みます。ひだを作って器用に包む人もいましたが、皮に水をうまくつけられない人や具をのせ過ぎて「どうしたらいいん?」と助けを求める人もありました。それぞれの個性的な餃子が出来上がりました。

 

 

 

 

いよいよ食卓に料理が並び、「いただきます!」。感想はもちろん「おいしい!」みんな笑顔です。モリモリ食べている姿を見て嬉しくなりました。

 

これからも、このような機会を作り「みんなで作ってみんなで食べる」楽しさを経験してもらいたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調理体験で巻きずしを作りました    ガマダシモン

 

「ガマダシモン」では、7月11日に調理体験を行いました。メニューは巻きずしと吸い物、デザートの黒蜜きなこです。

 

朝からグループに分かれて買い物をしたりお米を洗ったり、デザート用のパンの準備をしました。色取り取りのエプロンとバンダナをつけて「これどう?」「色をお揃いにしてん」と嬉しそうです。準備が終わると、お吸い物を作る、具の材料を切る、分ける、卵やソーセージを焼く、すし飯を作るなどの担当を決めて調理を開始しました。

 

 

 

いよいよ巻きずしです。巻きすに海苔をのせ、ご飯を広げてそれぞれ好みの具をのせました。「たくあん好き。ツナも好き」山盛りにのせて巻けるかな?と心配でしたが、色鮮やかな太巻きが完成しました。みんなで一緒に作って食べて、とても楽しいひとときになりました。

 

 

デザートは別腹。しっかり完食しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避難訓練をしました   「森の小径」「森の小径2号館」

 

「森の小径」と「森の小径2号館」では7月17日に消防署員立会いのもとで避難訓練を行いました。

 

レストラン厨房からの出火を想定して訓練開始。ホールの支援員が「火事です」と大きな声で周囲に火災を知らせ、フロントが消防へ通報、他の支援員が利用者を安全な場所へ誘導するという流れです。やや遅れ気味の人に声を掛けると「靴を履き替えようと思って……」とのこと。昨年より人数が増えたこともあって、全員が避難できるまで少し時間がかかりました。

 

 

避難後は、水消火器を使用して消火体験をしました。「消火器重い〜」と持ち上げられない人もおり、そんな時にはどうすれば良いかも教えてもらいました。最後に講話を聞いて訓練を終えました。

 

実際にあってはなりませんが、万が一に備えて、みんなで意識を高めたいと思いました。

 

大阪市立大学写真部の新人展に行きました   野のはなハウス

 

大阪市立大学写真部の新人展が7月10日〜12日に学内の高原記念館でありました。アルバイトの学生が写真部ということもあって、去年と同様、今年も希望者で見学に行きました。

 

館内に入ると、みんな少し緊張した様子です。受付でアンケート用紙を貰って見て回りました。さまざまな視点の写真に、思わず声を出して「この写真好き」「おもしろい」「きれい」などと感想を言い合っていました。

 

好きな写真の前では笑顔でパチリ! 係の人が、集合写真を撮ってくれました。最後にアンケートを書いてお礼を言い、会場を後にしました。

 

みんなの嬉しそうな表情を見て、楽しいひとときを過ごすことができてよかったなと思いました。