Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
「野のはなフェスティバル」の会場と駐車場の案内です     野のはな

「野のはなフェスティバル」の会場と駐車場の案内です。お楽しみください。

 

保存保存

焼き菓子を作っています       ガマダシモン

 

「ガマダシモン」にはカフェ「マシュウおじさん」があります。利用者は、モーニングやランチの調理だけでなく焼き菓子も作っています。初めはとまどっていましたが、支援員と一緒に取り組むことで、少しずつ慣れてきました。種類は、生協にも卸しているスコーンや黒糖ラスク、フロランタン。その他、タルトやバターケーキ類です。

 

毎週火曜日の貝塚市福祉センターと保健センターの販売では、「これ、私が作ったんです」と得意げに勧めています。お買い上げいただくと、とても嬉しそうです。昼休みに自分で買って食べる人もいます。自分たちの店だけでなく、「マジックブルーム」「野のはなハウス」「森の小径」にも置いています。毎週注文をもらい、張り切って焼いています。

 

焼き上がると店内はいい香りでいっぱい。ぜひお越しください。皆さまの来店を心よりお待ちしております。

 

保存保存

二色の浜公園でおやつタイム!?    ウィンディ・ウィローズ

 

4月19日「ウィンディ・ウィローズ」は、二色の浜公園に出掛けました。午後の予定なのに、朝から「おやつはいつ食べるの?」「ブランコあるかな」と、みんなそわそわしています。

 

昼食後、4台の車に分かれて出発。到着して遊具を見つけると、すぐに駆け出す人もいました。カニや船の遊具、ブランコ、ターザンロープなどで思いっきり遊びました。職員が声を掛けるまで夢中です。

 

 

さあ、お待ちかねのおやつタイム。それぞれが好きなおやつを持参していました。みんな、あっという間に食べてしまいます。幸せそうな笑顔でした。

 

 

「まだ遊べる? だめ?」と名残惜しそうな声が聞こえました。「また行きたいね」と話しながら帰りました。

 

保存保存

パン教室でピザパンを作りました     マジックブルーム    

 

4月14日「マジックブルーム」では、パン教室を開催しました。今回は、生地から作るピザパンにチャレンジしました。

 

作り方を説明した後、生地作り開始。まず計量です。分量を間違えるとおいしいパンになりません。みんなで協力して小麦粉や水などの材料を量りました。次は、こねる作業です。生地がまとまるまでテーブルに押しつけてこね、たたいて仕上げます。生地が柔らかいので手にベタベタくっついたり飛び散ったりして、みんな悪戦苦闘でした。こね上った生地はしばらく休ませ、めん棒で伸ばし、トマトソースを塗って発酵させます。その後、玉ネギやコーン、シメジなどの好きな具材をのせてオーブンで焼いて完成。個性あふれるすてきなパンが出来上がりました。

 

 

時間が足りず忙しいパン教室でしたが、「楽しかった」「家族で一緒に食べました」などの嬉しい感想を聞くことができました。これからもパン作りの楽しさを伝えられるようにしたいと思います。

 

みんなでお花見をしました      森の小径

 

「森の小径」は、4月から新メンバーが増えて総勢44名になりました。4日にみんなで花見をしました。あいにく桜は散り始めていましたが、良い天気。敷地内にあるちんちん電車の前にレジャーシートを広げ、春野菜の天ぷらが入ったお弁当を食べました。

 

午後は、桜がひらひら舞う中、ドッジボールや大縄跳びをして遊ぶアウトドア派とウノやオセロでゲームをするインドア派に分かれて楽しみました。どちらのグループも大盛り上がり。笑いが絶えません。

 

 

レクリエーションの後、周辺を散策しました。「この道、ここにつながってたんや」「タンポポがきれい」と、いろいろな発見がありました。砂利の坂道では手を取り合い、助け合う場面も。絆が深まったようです。

 

自然豊かな「森の小径」の良さを改めて認識した一日となりました。

 

保存保存

今年も、野のはなフェスティバルを開催!!     野のはな

5月19日(土)に野のはなフェスティバルを「森の小径」で開催します。

お気軽にお越しください!

 

「森の小径」で花見をしました    ガマダシモン

 

3月27日に「ガマダシモン」のみんなで「森の小径」へ花見に行きました。晴天に恵まれ、絶好の日和でした。

 

午前中の作業を終えて出発。「森の小径」に続く道には桜の木があり「わあ、きれい!」「見て! 見て!」とテンションが上がります。到着すると、桜だけでなく菜の花もきれいに咲いていました。みんなの目が輝きます。

 

 

ちんちん電車の前にシートやテーブルを広げてお待ちかねのお弁当。「おいしそう!」「いい気持ち」など、外での昼食が嬉しそうです。普段は少食の人も完食しました。食べ終わると、大縄跳びや鬼ごっこでにぎやかに遊ぶ人、電車の中でおしゃべりする人、シートで輪になってゲームをする人など、それぞれが楽しく過ごしました。

 

 

馬にもおやつをやったり、触れ合ってほっこりしたり。「森の小径」ならではの花見を満喫しました。

 

 

 

 

野菜の植え付け準備を始めました    ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィロズ」のミカン畑の横に菜園があります。毎年ここに、ナスやトマト、キュウリなどを植えて収穫するのを、みんな楽しみにしています。

 

今年もそろそろ植え付けの時期です。昨年までは支援員が畑を耕して、苗を植えていました。しかし、今年は草引きや土を耕すという最初の工程から取り組んでいます。

 

朝礼後、畑班の利用者は準備をして集合。その日の予定を支援員から聞いて作業を開始します。草を抜いたり運んだり、大忙しでみんな汗だくです。室内での作業が難しかった利用者も「楽しい!」と張り切っています。

 

先日は、耕運機を使いました。初めての体験です。最初は緊張していましたが、終わってからは「またしたい」と意欲的でした。畑に苗を植えられるようになるまで、もう少し時間がかかります。みんなで頑張ります。

 

<障がいのある方に役立つSST> 野のはなの第3回研修会

 

3月17日(土)、野のはなの第3回研修会が「森の小径」で開かれました。

 

講師は、梅花女子大学心理こども学部の瀧本優子教授です。テーマは「障がいのある方に役立つSST」(SSTは、Social Skills Trainingの略)。

 

SSTは、社会生活に必要なコミュニケーション技能を回復・改善し、自分で対処する力を高める方法です。

 

目的や流れ、進め方、注意点などを、実演(砂川厚生福祉センターの方と一緒に)を交えて講演していただきました。

 

正のフィードバック(褒めること)を繰り返して、スキルが身につくようにすることが大切だそうです。SSTを日々の支援に取り入れていきたいと思います。ありがとうございました。

 

「わすれないで3.11」チャリティーコンサート   森の小径

 

3月11日に「森の小径」のレストランで、コンサートが行われました。3月11日はご存知のように東日本大震災が起きた日です。あれから7年経ちますが、いまだに不自由な暮らしをしている方々がたくさんおられます。その方たちへ少しでもお手伝いをということで、チャリティーコンサートが開かれました。

 

シャンソン歌手の伊藤ともんさんとジャズ歌手のメグ・アダワスさんが、すてきな歌を聴かせてくれました。2人とも東北出身で歌の合間に東北弁で軽妙なおしゃべりをしたり、伊藤さんはうっとりするようなフルートの演奏も披露してくれました。

 

歌に先立って、社団法人 元気人間製造研究所の方たちが、震災時の様子や自分たちが建立したお地蔵様をスライドを使って説明されました。チャリティーに賛同して集まった方たちは、聞き入っておられました。主催者によると約15万円の寄付が集まったそうです。

 

↓左から、石田美智代さん(ピアノ)、伊藤ともんさん、メグ・アダワスさん