Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
今年もみんなでお花見  ガマダシモン

 

「ガマダシモン」では、3月26日に花見へ出掛けました。行き先は「泉佐野丘陵緑地」。今年は例年になく大勢が参加しました。お天気に恵まれて楽しい花見になりました。

 

数台の車に分乗して出発。現地に着くと早速ブルーシートを広げて、お弁当を食べました。その後、ひなたぼっこやトランプをする人、サッカーやバドミントンをする人などに分かれて遊びました。

 

 

 

この日は「ウィンディ・ウィローズ」も同じ公園で花見をしていたので、散歩がてらお邪魔しました。「久しぶり!」と笑顔が広がります。支援学校で同級だった人もいて、「わお〜」と照れていました。みんなで記念写真を撮って戻りました。

 

 

 

広い敷地を散歩する途中でツクシを発見。ホッコリしました。足取りも軽快でしっかり運動もできました。

桜はチラホラ咲いている程度でしたが、早朝から快晴で、春を感じられる一日でした。

 

 

 

 

 

 

桜はまだでもお花見   森の小径・森の小径2号館

 

「森の小径」と「森の小径2号館」は3月25日に合同で花見をしました。「今年は暖冬なので開花も早い」とこの日を設定しましたが「森の小径」の桜はまだつぼみ……。

 

午前中は作業をし、12時に集まって食事開始です。残念ながら花を眺めながらにはなりませんでした。しかしそこは花より団子! 「一緒に食べよう」「めっちゃおいしい!」など、ワイワイとにぎやかにお弁当を食べます。

 

 

その後、大縄跳びやドッジボール、フリスビーで体を動かすグループ、お茶を飲みながら会話を楽しむ女子会グループ、トランプや塗り絵で遊ぶグループに分かれました。

 

桜の花はまだでしたが、とても楽しい一日を過ごすことができました。

 

 

 

早く大きくなーれ!   ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」の畑には現在、玉ネギ、キヌサヤ、ジャガイモ、レタス、ホウレン草、大根などが植えられています。

 

 

 段々と暖かくなって、作業は汗をかくことが多くなりました。喉がよく渇くので、たびたび休憩をして水分を取ってもらっています。その時、「これから暑くなって草がいっぱいになるから、頑張らないとあかんなぁ」と利用者の力強い声が聞こえてきました。また水やりの得意な人が、何かぶつぶつとつぶやきながら水をやっています。そばに行って聞いてみると「早く大きくなーれ」。「どうして早く育って欲しいの?」と尋ねると「食べたい」とのことでした。

 

一日でも早く収穫ができて食べられるようになるのを楽しみに、みんなで畑作業を頑張っていきます。 

 

1年を振り返って    おにぎりハウス野のはな

 

「おにぎりハウス野のはな」が始まって、もうすぐ一年がたちます。お店の前を通るお客さんに「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」と声掛けをします。最初は、大きな声で言えるのか、立ち止まって買ってもらえるか、ドキドキしていました。

 

暑い夏も寒い冬も乗り越えられたのは、お客さんとのコミュニケーションのおかげです。会話や触れ合い、ありがとうの言葉が私たちの励みになりました。不安はたくさんありましたが、始まるとあっという間。良い一年を過ごすことができました。

 

これからも、みんなで力を合わせて頑張ります。よろしくお願いします。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

冷暖房のない外での販売なので利用者の体調の心配や苦情も覚悟しましたが、みんな張り切って取り組みました。今は新型コロナウイルスで、大学自体が休みですが、新学期が始まって再開したら職員も一緒に頑張らねばと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

外でミニスポーツ大会  マジックブルーム

 

3月7日は「阪南市知的障がい者(児)団体スポーツ大会」の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で中止になってしまいました。そこで「マジックブルーム」の駐車スペースでミニスポーツ大会を行いました。

 

 

8名ずつのチーム対決です。中でも盛り上がったのがストラックアウト。ルールは簡単です。一人2球で、どこでも当たれば1点、たくさん当たった方が勝ちです。最初は恥ずかしがっていた人も、みんなの声掛けのおかげで一緒に楽しんでいました。

 

 

続いてお玉リレーです。ボールを落とさないようにとみんな真剣。「ガンバレ! ガンバレ!」と応援する様子が印象的でした。最後に全員で大きな輪になって、ボールをパスして遊びました。

 

 

感染拡大防止のため、さまざまな行事が延期や中止で気持ちがふさがりがちです。久しぶりに身体を動かし、リフレッシュする機会になりました。

 

 

 

 

ワイワイガヤガヤ。ゲーム大会      ガマダシモン

 

「ガマダシモン」では、2月13()にゲーム大会を行いました。午前中は通常通りの作業をして午後からです。みんなは朝から気になって、ニコニコそわそわという感じでしたが、作業はいつも通り頑張っていました。

 

 

時間になり、まずグループごとにテーブルに分かれました。代表者をジャンケンで決めて好きなゲームを選びます。トランプ、黒ひげ危機一発、ジェンガ、オセロなど、それぞれのグループで始まりました。

 

 

積極的に自ら進んでする人、様子を見ている人、さまざまです。時間が経つにつれてだんだんと盛り上がり、「うわ〜」「きゃ〜」とにぎやか。いつもとは違った表情や笑顔が見られます。大人数でするゲームはとても楽しくて「面白かった」「いい気持ち!」という声がたくさん聞こえてきました。

 

今日は、お掃除屋さん    野のはなハウス

 

「野のはなハウス」は、大学行事などで、時々店が休みになります。その日は掃除をしたり蹄鉄磨きをしたりします。

 

今回は年末の大掃除から日が経っていたので、掃除をしました。それぞれに持ち場を分担して開始。メラミンスポンジで壁を磨いたり、はたきでほこりを落としたり、マットをブラシでこすったり、ほうきで掃いたりしました。最後に最大の難関、ホールの床に取りかかりました。デッキブラシでこすって雑巾で磨きます。みんなで力を合わせて一生懸命頑張りました。

 

 

ピカピカになった店内を見て、満足そうに笑みを浮かべる人もいれば、「疲れたぁー」と声に出す人もいました。

 

大きな店を掃除するのは大変です。次はどこをきれいにしようかなぁーと考えながら、終了しました。

 

ミニ運動会で疾走!   ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では、2月20日に泉南市立体育館でミニ運動会をしました。到着するとさっそく準備体操をして、2つのチ―ムに分かれて始めました。

 

 

まずは玉入れ。一生懸命に的をねらうのですが、なかなか入らず苦戦していました。続いて綱引き。始まる前は力強く綱を握っていたのに、途中で急に手を離した人がいて、勝負はあっという間につきました。

 

最後はリレ―です。注目は、昨年「ほふく前進」をして笑わせてくれた人がどんな走り方をするのか? 今年は「後ろ歩き」でした。ゆっくりだったので抜かれてしまったのは言うまでもありません。次はどんな走法を見せてくれるのでしょうか? 今から楽しみです。

 

戻る車内では、早くも来年の話をする人や寝てしまう人もありました。

 

 

避難訓練をしました 〜地震想定〜   森の小径・森の小径2号館

 

「森の小径」と「森の小径2号館」では2月19日に避難訓練をしました。各作業場所に分かれて作業中に地震が発生したとの想定です。

 

 

揺れが収まったと判断したところで、次々に避難場所に集合しました。前回の消防訓練よりスムーズです。支援員からの点呼報告だけでなく利用者からも「みんな揃っています」と報告があったことは、今までの訓練の成果だと嬉しく思いました。

 

 

 

続いて、消防署から借りた地震対策のDVDを見ました。その後、地震についての小テストをすると「そんな高いとこまで津波くるんや」「すぐに逃げなきゃ」と口々に話していました。

 

想定されているような大きな地震が来ないことを願いますが、万が一に備えて日頃からみんなで意識を高めておきたいと思いました。

 

避難訓練をしてわかったこと 〜火災想定〜   マジックブルーム

 

「マジックブルーム」では、2月12日(水)に避難訓練を行いました。いつもは1階で作業中に火災が発生という想定ですが、今回は2階で休憩中という設定です。階下から支援員が「火事です! 逃げてください!」と叫ぶと、みんな落ち着いて2階の外階段から避難を始めました。

 

 

しかし、建物の近くで立ち止まったり、1階の様子を見に戻ったり……。理由を尋ねると、「職員を助けに行こうと思った」「誰か残っていないか気になった」とのことです。これまで見られなかった行動でした。実際の場面でも予期せぬことが起きるかもしれません。あらゆる状況を想定した訓練の必要性を実感しました。

 

「自分の身は自分で守る」が防災の基本といわれています。どんな時でも、自分で考え判断し行動できる力が身につくような訓練を実施していきたいと思いました。