Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
「野のはなハウス」は今……   野のはなハウス

 

「野のはなハウス」は、新型コロナウイルス感染防止のために3月4日から休業しています。いつ再開できるかわからない状況です。

 

今は、蹄鉄磨きや店内の掃除、春から開店予定だったレストラン「めたせこいあ」の庭園の草むしりをしています。敷地が広くて、端まで抜き終わった頃には、初めに抜いたところにまた生えています。終わりのない作業に苦戦しながらも、みんな頑張っています。

 

 

感染予防のために、マスクの着用と手洗いを徹底。昼食も店内を全部使い、広がって食べています。用心して休んでいる人もいて、全員揃わないのでみんな寂しそうです。

 

一日も早く、「野のはなハウス」と「めたせこいあ」が、始まることを楽しみにしています。

 

 

井上陽太さんの描いたポスターが新聞に!  森の小径

 

「森の小径」に通う井上陽太さんが描いた新型コロナウイルス感染拡大防止を呼び掛けるポスターが、産経新聞(4月16日付朝刊)で紹介されました。

 

広報班も花壇の手入れ   森の小径

 

「森の小径」では広報班の新しい作業の花壇手入れが始まりました。広報班は、普段はチラシを折ってポスティングに行き、レストランの集客を担っています。しかし今回から庭を整えて、お客さまに喜んでいただける仕事もすることになりました。

 

 

農業班が作って運んできた土には栄養がたっぷり入っています。そして雑草の種もたくさん混じっていて、花より先に大きく育ちます。「どれが草でどれが花の芽かなぁ?」「土が硬くて上手に抜くの難しいなぁ」と、初めは戸惑うことも多かったのですが、だんだん慣れてきました。

 

きれいにしたところに花の種を植えて、水やりして……。また草が生えてきたら抜いての繰り返しですが、美しい花が咲く日をみんなで楽しみにしています。

 

懇談会を行いました   マジックブルーム

 

「野のはな」では年に一度、家族や保護者と懇談会を行なっています。「マジックブルーム」でも3月に実施しました。

 

家庭での様子を伺うと、作業の時とは違った一面があるようです。逆に、こちらでの状況をお伝えすると、意外だと驚く方が大勢おられます。帰り際に息子さんの作業を見学した方が、真剣に仕事に取り組む姿を見て「あんなこともできるんや……」と、びっくりして感激されていたのが印象的でした。

 

 

中には、相談員やグループホームの担当者なども交えて、担当者会議を兼ねた情報交換の場になった人もいました。

 

一方で、家族がいない、疎遠、遠方に住んでいるなどの理由で実施に至らなかった人もいました。限られた支援者しかいない人にとって、身近にいるわたしたちの役割が、いかに重要であるかを改めて実感しました。これからも一人一人の利用者と共に感じ、考え、向き合い続けていきたいと思います。 

 

今日の消防訓練は……   ガマダシモン

 

4月16日「ガマダシモン」では、消防署員指導の下で避難訓練を実施する予定でした。新型コロナウイルス感染予防のために、参加者は最少人数、講話は屋外、短時間でとの計画でした。しかし当日、消防署から職員の派遣をやめると連絡があり中止になってしまいました。

 

 

そこで急きょ、壁に掲示している「お・は・し・も」のポスターを使って、避難するときのルールを復習することにしました。「おはしも」は、「おさない」「はしらない」「しゃべらない」「もどらない」の頭文字をとったものです。みんなで一緒に声を出して確認しました。

 

 

次は、地震が起きた時の行動について。一人の利用者が「テーブルの下に隠れる」と答えたので、実際にやってみました。少し恥ずかしがったり、「足が痛いからどないしよ」と言いながらも、しっかり頭は守っていました。

 

普段からみんなで避難について話し合い、安全を確保できるようにしたいです。

 

 

 

泉佐野丘陵緑地でお花見   ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では、3月26日に泉佐野丘陵緑地へお花見に出掛けました。当日、朝から「何時に行くの?」「桜は咲いているかな?」「昼ご飯は何?」と支援員に質問攻め。とても楽しみにしていました。

 

 

天気がよくて暑いぐらいだったので、日陰を探します。しばらく歩くと森の中に木陰がある広場を見つけ、そこで弁当を食べることにしました。メニューは以前の外出の際に好評だった「からあげ弁当」。今回も「おいしい」とあっという間に食べてしまいました。

 

その後、竹の木琴で遊んだり、葉っぱや枝を拾ったり、散策をしたりして過ごしました。

 

 

 

 

残念ながら桜はまだまだ本咲きではありませんでした。竹の木琴は、みんながすごく喜んだので、帰ってから近くの竹を切ってきて似たような物を作りました。

 

 

 

せんなん里海公園でリフレッシュ!  マジックブルーム

 

4月4日、せんなん里海公園にみんなで出掛けました。

当日は天候に恵まれて、遊具で遊んだり散歩やおしゃべりを楽しんだり……。

緑がいっぱい! 笑顔もいっぱい! 良い気分転換になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もみんなでお花見  ガマダシモン

 

「ガマダシモン」では、3月26日に花見へ出掛けました。行き先は「泉佐野丘陵緑地」。今年は例年になく大勢が参加しました。お天気に恵まれて楽しい花見になりました。

 

数台の車に分乗して出発。現地に着くと早速ブルーシートを広げて、お弁当を食べました。その後、ひなたぼっこやトランプをする人、サッカーやバドミントンをする人などに分かれて遊びました。

 

 

 

この日は「ウィンディ・ウィローズ」も同じ公園で花見をしていたので、散歩がてらお邪魔しました。「久しぶり!」と笑顔が広がります。支援学校で同級だった人もいて、「わお〜」と照れていました。みんなで記念写真を撮って戻りました。

 

 

 

広い敷地を散歩する途中でツクシを発見。ホッコリしました。足取りも軽快でしっかり運動もできました。

桜はチラホラ咲いている程度でしたが、早朝から快晴で、春を感じられる一日でした。

 

 

 

 

 

 

桜はまだでもお花見   森の小径・森の小径2号館

 

「森の小径」と「森の小径2号館」は3月25日に合同で花見をしました。「今年は暖冬なので開花も早い」とこの日を設定しましたが「森の小径」の桜はまだつぼみ……。

 

午前中は作業をし、12時に集まって食事開始です。残念ながら花を眺めながらにはなりませんでした。しかしそこは花より団子! 「一緒に食べよう」「めっちゃおいしい!」など、ワイワイとにぎやかにお弁当を食べます。

 

 

その後、大縄跳びやドッジボール、フリスビーで体を動かすグループ、お茶を飲みながら会話を楽しむ女子会グループ、トランプや塗り絵で遊ぶグループに分かれました。

 

桜の花はまだでしたが、とても楽しい一日を過ごすことができました。

 

 

 

早く大きくなーれ!   ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」の畑には現在、玉ネギ、キヌサヤ、ジャガイモ、レタス、ホウレン草、大根などが植えられています。

 

 

 段々と暖かくなって、作業は汗をかくことが多くなりました。喉がよく渇くので、たびたび休憩をして水分を取ってもらっています。その時、「これから暑くなって草がいっぱいになるから、頑張らないとあかんなぁ」と利用者の力強い声が聞こえてきました。また水やりの得意な人が、何かぶつぶつとつぶやきながら水をやっています。そばに行って聞いてみると「早く大きくなーれ」。「どうして早く育って欲しいの?」と尋ねると「食べたい」とのことでした。

 

一日でも早く収穫ができて食べられるようになるのを楽しみに、みんなで畑作業を頑張っていきます。