Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
消防訓練をしました   森の小径

 

「森の小径」では7月25日に消防訓練をしました。レストランからの出火を想定して避難します。支援員の「火事です」の声で始まり、実際に通報装置で消防へ通報。その間に各作業場所から外へ避難しました。点呼をとると「○○さんがいない!」と声が上がりました。慌てて見に行くと、げた箱の前で靴を履き替えていました。本物の火災でなくて本当に良かったと感じた場面でした。

 

 

 

避難後、水消火器を使用した消火体験もしました。口々に「ピン、ポン、パン」と消火器の使用手順を言いながら頑張りました。その後、防災のDVDを見て、初期消火の大切さをわかりやすく教えてもらいました。

 

火災はあってはなりませんが、万が一に備えて、常日頃から意識をしっかりと持っておくことが大切だと改めて感じました。

 

大阪市立大学の写真部の「新人展」に行きました    野のはなハウス

 

イタリアンレストラン「野のはなハウス」が入っている大阪市立大学の写真部が「新人展」をやっているというので、みんなで見に行きました。レストランのアルバイトの学生が写真部に所属している縁で、「新人展」のポスターを店に貼っていました。それを見て「行きたい!」という声が利用者から上がり、希望者(ほぼ全員)で出掛けました。

 

店から歩いて3分程の会場には、さまざまな写真が展示されていました。猫や鳥、電車や駅、自然の風景など、色取り取りのきれいな写真がたくさんありました。みんなで興味深く見て回り、「どの写真が好き?」「かわいいね」「きれいな色だね」などと感想を言い合いました。

 

午前中の1時間程でしたが、ゆっくり穏やかな時間を過ごしました。その後は、いつも通り大忙しのランチタイム。作業も頑張りました。

広報班ができました      森の小径

 

今回は「森の小径」で5月から誕生した広報班の活動について紹介します。以前紹介しましたが「森の小径」には本格イタリアンレストランがあり、農業班が一生懸命育てた自家菜園の野菜を使っています。ですから、季節によっておすすめのメニューやコースが変わります。そこで活躍するのが広報班です。

 

宣伝のためにチラシをポスティングします。その前に、まずレストランや乗馬クラブ、ドッグラン、電車の貸切プランなどのチラシを三つ折りにします。一番上にピザ1ピースプレゼントのチケットをのり付けして完成です。折る、切る、ハンコを押す、のり付けをするなどの工程ごとに、目標を掲げて頑張っています。

 

一人でも多くの方にご来店いただけるように暑い日も、雨の日も、みんなで一生懸命作ったチラシをポストへお届けしています。お手元に届きましたらぜひ、お持ちになってお越しくださいませ。

 

保存保存

保存保存

保存保存

馬が19頭。乗馬体験やおやつあげ体験もできます。    森の小径(ハーモニーファーム野のはな)

 

「森の小径」には「ハーモニーファーム野のはな」という乗馬クラブが併設されています。ポップコーン、ミルク金時……。何もお菓子の名称を並べたわけではありません。レッスンホースとして活躍中の馬の名前です。この2頭を含め、現在19頭が入厩しています。競走馬でよく目にするサラブレッドからミニチュアホースという大型犬くらいの大きさのまで、種類もさまざまです。

 

 

会員のレッスンだけでなく、一般の方の体験乗馬や乗馬散歩、厩舎見学も受け付けています。専用のクッキーを与える体験もできます。クッキーの用意や見学の注意事項の説明は、利用者の作業にもなっています。「この方が伝わるかな?」と考えながら、絵や文章を一生懸命書いています。

 

近くにお越しの際は、ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

みんなでお花見をしました      森の小径

 

「森の小径」は、4月から新メンバーが増えて総勢44名になりました。4日にみんなで花見をしました。あいにく桜は散り始めていましたが、良い天気。敷地内にあるちんちん電車の前にレジャーシートを広げ、春野菜の天ぷらが入ったお弁当を食べました。

 

午後は、桜がひらひら舞う中、ドッジボールや大縄跳びをして遊ぶアウトドア派とウノやオセロでゲームをするインドア派に分かれて楽しみました。どちらのグループも大盛り上がり。笑いが絶えません。

 

 

レクリエーションの後、周辺を散策しました。「この道、ここにつながってたんや」「タンポポがきれい」と、いろいろな発見がありました。砂利の坂道では手を取り合い、助け合う場面も。絆が深まったようです。

 

自然豊かな「森の小径」の良さを改めて認識した一日となりました。

 

保存保存

「わすれないで3.11」チャリティーコンサート   森の小径

 

3月11日に「森の小径」のレストランで、コンサートが行われました。3月11日はご存知のように東日本大震災が起きた日です。あれから7年経ちますが、いまだに不自由な暮らしをしている方々がたくさんおられます。その方たちへ少しでもお手伝いをということで、チャリティーコンサートが開かれました。

 

シャンソン歌手の伊藤ともんさんとジャズ歌手のメグ・アダワスさんが、すてきな歌を聴かせてくれました。2人とも東北出身で歌の合間に東北弁で軽妙なおしゃべりをしたり、伊藤さんはうっとりするようなフルートの演奏も披露してくれました。

 

歌に先立って、社団法人 元気人間製造研究所の方たちが、震災時の様子や自分たちが建立したお地蔵様をスライドを使って説明されました。チャリティーに賛同して集まった方たちは、聞き入っておられました。主催者によると約15万円の寄付が集まったそうです。

 

↓左から、石田美智代さん(ピアノ)、伊藤ともんさん、メグ・アダワスさん

イタリアンを食べよう!      森の小径

 

「森の小径」では、2月22日にイタリアンを食べようという行事を行いました。自分たちが働いているレストランの料理の味をみようということで企画をしました。発表した時から「楽しみやなあ」「早く食べたいわ」と、みんな楽しみにしていました。

 

当日、朝は作業です。みんな行事開始の11時を、今か今かと待ちわびている様子でした。時間になって2階に集合。シェフから出されたパスタやピッツァに「うわ〜すごい!」と歓喜の声が上がります。携帯を取り出して写真を撮る人も。「帰ったらみんなに見せよう」と目を輝かせていました。食べ始めると口々に「めっちゃおいしい!」と、さらに大きな歓声。レストランに食事に来たことがある人も、そうでない人も大満足の時間を過ごしました。

 

今後も「森の小径」ならではの企画を考えていきたいと思います。

 

ジャガイモ掘りをしました    森の小径

 

「森の小径」では、ジャガイモ掘りイベントを開催しました。ホール班、フロント班、清掃班、厩務班とそれぞれ日にちを変えて、みんなが体験できるようにしました。また農業班は、車椅子が通りやすいように道の整備をしたり、手洗い用の水やショベル、ビニールシート、コンテナなどを準備してイベントを手伝いました。

 

 

畑を掘ると、テニスボール大のジャガイモがたくさん出てきてみんな大喜びです。中にはソフトボール位のものもあってビックリ!

大きな歓声に包まれました。このジャガイモは昨年9月の残暑が厳しい中、農業班の利用者が生い茂った雑草を一本一本取り除き、大量の馬糞を運び入れ、鍬や耕運機で耕し、種イモを丁寧に植えつけて育てたものです。

 

利用者からは、肉じゃがで食べたいとかカレーやポテトサラダ、ポテトチップスなどの声も上がりました。みんなで楽しいひとときを過ごしました。

 

 

岸和田支援学校のバザーに参加しました   森の小径

 

1128日に岸和田支援学校のバザーに行ってきました。学校に着いて会場の体育館に入りました。私たちは昨年と同じスペースでした。

 

「野のはな」は、いろいろな種類のパンの販売です。周りのお店はどんどん準備を進めていました。私たちもパンをテーブルに並べました。始まるとすぐにお客さんでいっぱいになりました。「インスタ映えしますよ!」と声をかけると、かわいいキャラクターパンが次々と手に取られて大人気。在学中お世話になった先生たちも買ってくれたので、とても嬉しくなりました。

 

パンはあっという間に完売。少し時間があったので他のお店を見て回りました。掘り出し物がたくさんあってラッキーでした。また来年も行きたいです。

 

保存保存

ちんちん電車でランチ!     森の小径

 

レストラン「森の小径」には、電車を貸し切りできるランチプランがあります。敷地内にある阪堺電車(ちんちん電車)で当店人気の窯焼きピザが食べ放題です。前菜やパスタ、サラダ、ドルチェもついてとてもお得。電車好きや子どもたちにはたまりません。

 

先日来店されたグループは、半数以上が小・中学生。運転席に座って車掌気分でベルを鳴らしたり、ハンドルを握ったりして遊んでいました。貸し切りなので気兼ねなく過ごしていただけます。

 

年末に向けての忘年会や女子会、子ども連れの集まり、歓送迎会などに一味違った空間でのランチはいかがでしょうか?

予約は10名から。ぜひご利用ください。

 

従業員一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存