Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
「はらっぱ」の紹介    マジックブルーム

 

「マジックブルーム」は、今回は「はらっぱ」での作業を紹介します。「はらっぱ」では、組合員にお届けする商品カタログやチラシのセットを行っています。

 

印刷・丁合・折り込みを済ませてから、地域別、曜日別にコース分けする作業です。丁合機が稼働すると大きな機械音が出ます。その傍らで、たくさんのチラシをみんなで手分けしてセットします。もう一つ大事なのが「ファイル拭き」です。カタログを入れる透明の袋は、汚れや破れがないか丁寧に確認して、一枚ずつ拭き上げてから使用します。

 

 

「おれんじ」の冊子にチラシをはさむのが得意なSさん、印刷機を上手に扱うHさん、細かいことによく気が付くMさんなど、得意分野はさまざまです。コロナウイルス感染の予防対策をしながら、組合員により良い状態でお届けできるよう、これからも頑張ります! 

 

 

懇談会を行いました   マジックブルーム

 

「野のはな」では年に一度、家族や保護者と懇談会を行なっています。「マジックブルーム」でも3月に実施しました。

 

家庭での様子を伺うと、作業の時とは違った一面があるようです。逆に、こちらでの状況をお伝えすると、意外だと驚く方が大勢おられます。帰り際に息子さんの作業を見学した方が、真剣に仕事に取り組む姿を見て「あんなこともできるんや……」と、びっくりして感激されていたのが印象的でした。

 

 

中には、相談員やグループホームの担当者なども交えて、担当者会議を兼ねた情報交換の場になった人もいました。

 

一方で、家族がいない、疎遠、遠方に住んでいるなどの理由で実施に至らなかった人もいました。限られた支援者しかいない人にとって、身近にいるわたしたちの役割が、いかに重要であるかを改めて実感しました。これからも一人一人の利用者と共に感じ、考え、向き合い続けていきたいと思います。 

 

せんなん里海公園でリフレッシュ!  マジックブルーム

 

4月4日、せんなん里海公園にみんなで出掛けました。

当日は天候に恵まれて、遊具で遊んだり散歩やおしゃべりを楽しんだり……。

緑がいっぱい! 笑顔もいっぱい! 良い気分転換になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外でミニスポーツ大会  マジックブルーム

 

3月7日は「阪南市知的障がい者(児)団体スポーツ大会」の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で中止になってしまいました。そこで「マジックブルーム」の駐車スペースでミニスポーツ大会を行いました。

 

 

8名ずつのチーム対決です。中でも盛り上がったのがストラックアウト。ルールは簡単です。一人2球で、どこでも当たれば1点、たくさん当たった方が勝ちです。最初は恥ずかしがっていた人も、みんなの声掛けのおかげで一緒に楽しんでいました。

 

 

続いてお玉リレーです。ボールを落とさないようにとみんな真剣。「ガンバレ! ガンバレ!」と応援する様子が印象的でした。最後に全員で大きな輪になって、ボールをパスして遊びました。

 

 

感染拡大防止のため、さまざまな行事が延期や中止で気持ちがふさがりがちです。久しぶりに身体を動かし、リフレッシュする機会になりました。

 

 

 

 

避難訓練をしてわかったこと 〜火災想定〜   マジックブルーム

 

「マジックブルーム」では、2月12日(水)に避難訓練を行いました。いつもは1階で作業中に火災が発生という想定ですが、今回は2階で休憩中という設定です。階下から支援員が「火事です! 逃げてください!」と叫ぶと、みんな落ち着いて2階の外階段から避難を始めました。

 

 

しかし、建物の近くで立ち止まったり、1階の様子を見に戻ったり……。理由を尋ねると、「職員を助けに行こうと思った」「誰か残っていないか気になった」とのことです。これまで見られなかった行動でした。実際の場面でも予期せぬことが起きるかもしれません。あらゆる状況を想定した訓練の必要性を実感しました。

 

「自分の身は自分で守る」が防災の基本といわれています。どんな時でも、自分で考え判断し行動できる力が身につくような訓練を実施していきたいと思いました。

 

 

70歳まで「野のはな」で!    マジックブルーム

 

「マジックブルーム」では1月21日と23日の2日に分かれて新年会を行いました。

 

 

まず地元の波太神社へ初詣。参拝の前に、鳥居を一礼してからくぐることや参道の真ん中を歩かないこと、手水の手順などを伝えました。神前ではみんなが思い思いに手を合わせます。賽銭を用意してきた人もいました。最年長のNさんは「病気しませんように、けがをしませんように」と祈願したそうです。

 

 

次に「マジックブルーム」に戻って、ぜんざいを食べた後、新年の抱負を発表してもらいました。「みのり紀伊」と「おひさま」で配膳などの実習をしているIさんは「仕事を頑張ります」。68歳のIさんは「今年こそ皆勤手当を勝ち取りたい。僕にとって最後の仕事場である『野のはな』で70歳まで仕事をしたいです」。聞いていて胸が熱くなりました。

 

みんなの思いが伝わるほっこりした一日になりました。

 

 

 

 

 

みんなで弾けたクリスマス!   マジックブルーム

 

「マジックブルーム」では、1214日(土)にクリスマス会を行いました。開催日が決まると、「出し物は何にしようか?」と考えたり、歌の選曲に悩んだりダンスの練習に励んだり。あちこちで楽しみにしている様子がうかがえました。

 

当日、みんなでクリスマスソングを歌った後、「メリークリスマス!」と乾杯。テーブルに並んだ唐揚やパスタ、ピラフ、ピザなどに満面の笑みです。「すごい!」「おいしい!」と何回もおかわりをしていました。

 

 

食事が落ち着くと、お待ちかねの余興。サンタ帽をかぶり、金・銀のウィッグでテンションを上げて、それぞれ得意な芸を披露しました。練習を重ねたコーラスやはじけたダンスに拍手喝采! 今年は漫才もあって大爆笑です。大いに盛り上がりました。

 

最後はケーキとアイスでお腹いっぱい、笑顔もいっぱい。にぎやかなクリスマス会でした。

 

 

 

 

 

 

 

和歌山に掃除に行っています  「マジックブルーム」

 

「マジックブルーム」では「みのり紀伊」と「おひさま」の清掃作業を行っています。阪南市から雄山峠を越えて車で約30分。主な掃除場所は食堂、浴室、トイレ、玄関です。

 

玄関では、下駄箱を一つ一つ丁寧に水拭きします。床を掃いてポストと自動扉のレールも拭きます。タイルが少しずつきれいになっていきます。夏場は虫やクモの巣が多くて大変でしたが、入居者の方に「いつもありがとう」と声を掛けてもらうと嬉しくて、頑張ることができました。

 

 

これから寒くなると屋外での作業が辛くなります。時々トラブルや失敗があって迷惑をおかけすることもありますが、皆さんに気持ちよく使っていただけるよう、みんなで力をあわせていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

指定避難所まで歩いてみました   マジックブルーム

 

9月11日(水)、「マジックブルーム」では、消防署員立ち合いのもと、避難訓練を行いました。地震・火災を想定したものです。

 

通報は利用者が行いました。訓練とはいえ、初めての119番通報。緊張して、質問に答えることができるだろうかと心配そうでしたが、名前と住所をはっきりと伝えることができました。避難後、消火器の使い方や火災報知器・受信器についての説明を受けました。みんな真剣に興味深く聞いていました。

 

 

その後、最寄りの指定避難所まで、実際に歩いてみました。各々で経路の確認をし、所在地と所要時間も確かめました。通り慣れない上に道幅が狭くて段差もあり、不安があることにも気づきました。良い経験になりました。15分程の道のりでしたが、「あ〜しんどい」「疲れた〜」との感想。

 

災害状況に合わせた避難が必要であることを感じた訓練でした。

 

 

環境出前講座。好きなキャラクターでスノードーム作り   マジックブルーム

 

8月24日に行われた「環境出前講座」の様子です。

今年のテーマは「食品ロス」。講義を受けながらクイズをして、スノードームを作りました。みんな楽しそうでした。

 

機関紙「森のこえ 風のうた」の記事は、こちらから