Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
餃子、春雨サラダ、ご飯、白玉フルーツ!  ガマダシモン

 

「ガマダシモン」では、7月23日に調理体験を行いました。メニューは、餃子、ご飯、春雨サラダと白玉フルーツ。まず、準備と買い物のチームに分かれました。

 

準備チームは、食器を用意したり、ご飯を炊いたり、ホットプレートで薄焼き卵を作ったりします。買い物チームは、戻ってから餃子の具、白玉フルーツ、春雨サラダのグループになりました。

 

 

 

 

白玉作りは、初体験の人が多くて、粉をこねるのに苦労していました。丸めるのも少し難しそうでしたが、だんだん慣れて、笑顔が見られ楽しそうです。餃子の具は、一人ずつ小分けした袋で混ぜました。自分の分は自分で包みます。「難しい」と言いながらも最後まで仕上げました。

 

 

みんなで食べるととてもおいしくて「この餃子、最高!」と絶賛でした。また、いろいろな体験をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

今日の消防訓練は……   ガマダシモン

 

4月16日「ガマダシモン」では、消防署員指導の下で避難訓練を実施する予定でした。新型コロナウイルス感染予防のために、参加者は最少人数、講話は屋外、短時間でとの計画でした。しかし当日、消防署から職員の派遣をやめると連絡があり中止になってしまいました。

 

 

そこで急きょ、壁に掲示している「お・は・し・も」のポスターを使って、避難するときのルールを復習することにしました。「おはしも」は、「おさない」「はしらない」「しゃべらない」「もどらない」の頭文字をとったものです。みんなで一緒に声を出して確認しました。

 

 

次は、地震が起きた時の行動について。一人の利用者が「テーブルの下に隠れる」と答えたので、実際にやってみました。少し恥ずかしがったり、「足が痛いからどないしよ」と言いながらも、しっかり頭は守っていました。

 

普段からみんなで避難について話し合い、安全を確保できるようにしたいです。

 

 

 

今年もみんなでお花見  ガマダシモン

 

「ガマダシモン」では、3月26日に花見へ出掛けました。行き先は「泉佐野丘陵緑地」。今年は例年になく大勢が参加しました。お天気に恵まれて楽しい花見になりました。

 

数台の車に分乗して出発。現地に着くと早速ブルーシートを広げて、お弁当を食べました。その後、ひなたぼっこやトランプをする人、サッカーやバドミントンをする人などに分かれて遊びました。

 

 

 

この日は「ウィンディ・ウィローズ」も同じ公園で花見をしていたので、散歩がてらお邪魔しました。「久しぶり!」と笑顔が広がります。支援学校で同級だった人もいて、「わお〜」と照れていました。みんなで記念写真を撮って戻りました。

 

 

 

広い敷地を散歩する途中でツクシを発見。ホッコリしました。足取りも軽快でしっかり運動もできました。

桜はチラホラ咲いている程度でしたが、早朝から快晴で、春を感じられる一日でした。

 

 

 

 

 

 

ワイワイガヤガヤ。ゲーム大会      ガマダシモン

 

「ガマダシモン」では、2月13()にゲーム大会を行いました。午前中は通常通りの作業をして午後からです。みんなは朝から気になって、ニコニコそわそわという感じでしたが、作業はいつも通り頑張っていました。

 

 

時間になり、まずグループごとにテーブルに分かれました。代表者をジャンケンで決めて好きなゲームを選びます。トランプ、黒ひげ危機一発、ジェンガ、オセロなど、それぞれのグループで始まりました。

 

 

積極的に自ら進んでする人、様子を見ている人、さまざまです。時間が経つにつれてだんだんと盛り上がり、「うわ〜」「きゃ〜」とにぎやか。いつもとは違った表情や笑顔が見られます。大人数でするゲームはとても楽しくて「面白かった」「いい気持ち!」という声がたくさん聞こえてきました。

 

今年の目標を決めました   ガマダシモン

 

「ガマダシモン」では、1月9日(木)に新年会を行いました。午前中に全員で水間寺へ初詣。到着後、手水舎で一人ずつ手と口を清めます。「どうやって洗うの?」「飲むんじゃなくてすすぐんやで」などと互いに教え合いながら順番を待ちました。

 

 

次に本堂で鐘を鳴らして賽銭を入れ、願い事をします。2度鳴らす人や長く熱心に手を合わせる人もいました。集合写真を撮った後、三重塔に彫られた干支を見て回ったり、滝を見に行ったりと境内を散策しました。

 

 

午後からは、みんなで去年一年を振り返りながら今年の目標を考えました。折り紙を好きな形に切って書き込み、一人ずつ発表します。「おそうじがんばる」「ダイエットする」「お給料ためて親孝行する」。

 

最後はお菓子パーティーです。マシュマロのきなこがけを食べて和やかに過ごしました。

 

 

みんなで楽しいクリスマス会!   ガマダシモン

 

「ガマダシモン」では、1221日にクリスマス会をしました。今までは他の事業所と合同でしたが今年は単独で行いました。

 

数日前からみんなで壁飾りを作って、前日には食材の買い物にも行きました。当日は、朝から会場の飾り付けとピザの買出しです。開始の12時に近づいて料理が並び始めると、ソワソワと待ちきれない様子でした。

 

 

「メリークリスマス!」の掛け声で乾杯。バイキング料理を順番に取りに行きます。お皿が山盛りになる人やどれにしようか悩む人など思い思いに楽しみました。次は出し物です。5組の利用者が歌を披露しました。中でも「パプリカ」にはダンスの飛び入り参加があって、とても盛り上がりました。続いてビンゴ大会です。番号を読み上げると「あった!」「全然な〜い」と喜んだり残念がったり。そろった人からプレゼントを選びます。最後にケーキとジュースで満足して終了しました。 

 

 

 

「マシュウおじさん」の焼き菓子はいかがですか?   ガマダシモン

 

「ガマダシモン」の「マシュウおじさん」では、焼き菓子を利用者と一緒に作って販売しています。種類は、黒糖ラスク、フロランタン、タルト、バターケーキ、フィナンシェなどです。

 

「今日は焼きますか?」「バターケーキは?」「ハンドミキサーやってもいいですか」とみんな意欲的です。バターの計量、ハンドミキサーをかける、タルト生地を型にはめる、粉をふるう、それぞれ作業を分担して慎重に進めています。

 

 

週1回のパン販売にも持っていきます。「これ、わたしたちが焼いたんです」「おいしいですよ」と力が入ります。買っていただくと「ありがとうございます!」と、とびきりの笑顔。とても嬉しそうです。 焼き菓子のいい香りがする「マシュウおじさん」にぜひお越しください。お待ちしています。

 

 

「にっこり展」に参加しました   ガマダシモン

 

「ガマダシモン」は、貝塚市立中央公民館のクラブ協議会主催の「にっこり展」に参加しました。生活介護の利用者の作品を出展。題は自由です。「貼り絵にしよう」「習字をやりたい」など、思い思いに決めました。

 

野球の好きな人は、球団のロゴマークを描き、折り紙でくす玉を作る人もいました。毎日少しずつ製作。完成すると1枚の大きな紙に、それぞれの作品を貼り付けました。みんなで会場に搬入して、壁に貼ったりガラスケースに入れたりしました。

 

 

展示期間中は、班に分かれて見学に行きました。「こんなんあるんや」「きれいね」「この事業所はたくさん作っているな」などの感想でした。

 

「来年は絵の具を使って描きたい」。いろいろな作品を見て刺激になったようです。

 

 

 

 

 

 

 

環境出前講座。食品ロスの原因は?  ガマダシモン

 

8月21日に行われた「環境出前講座」の様子です。

今年のテーマは「食品ロス」。講義を受けながらクイズをして、スノードームを作りました。みんな楽しそうでした。

 

機関紙「森のこえ 風のうた」の記事は、こちらから

 

 

 

 

 

 

調理体験で巻きずしを作りました    ガマダシモン

 

「ガマダシモン」では、7月11日に調理体験を行いました。メニューは巻きずしと吸い物、デザートの黒蜜きなこです。

 

朝からグループに分かれて買い物をしたりお米を洗ったり、デザート用のパンの準備をしました。色取り取りのエプロンとバンダナをつけて「これどう?」「色をお揃いにしてん」と嬉しそうです。準備が終わると、お吸い物を作る、具の材料を切る、分ける、卵やソーセージを焼く、すし飯を作るなどの担当を決めて調理を開始しました。

 

 

 

いよいよ巻きずしです。巻きすに海苔をのせ、ご飯を広げてそれぞれ好みの具をのせました。「たくあん好き。ツナも好き」山盛りにのせて巻けるかな?と心配でしたが、色鮮やかな太巻きが完成しました。みんなで一緒に作って食べて、とても楽しいひとときになりました。

 

 

デザートは別腹。しっかり完食しました。