Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
広告チラシを使った「かご作り」    ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィロズ」では、試作段階ですが不要になったチラシを使って「四角い底のかご」「丸底のかご」を作り始めました。

 

まず、チラシを丸めるために、一定の大きさに切ることから始めます。次は切ったチラシを編み棒に巻きつけて、細く長い棒状にします。それを底の部分から組んで編んでいきます。この編み方には色々な方法があって難しいのですが、毎日練習をしていくうちに段々と上手になってきました。最後にニスを塗って乾燥させると完成です! 

 

 

なかなか普段の作業が難しい利用者の人も、この中のどれかの工程ができる人が多く、以前よりも落ち着いて取り組めている人が増えました。皆さんにお見せできる日をご期待ください。 

 

 

 

泉南市立体育館でミニ運動会   ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィロズ」では2月21日に泉南市立体育館で、ミニ運動会をしました。昨年初めて開催しましたが、利用者に好評で今年に入って、「運動会、またしたいなあ」との声が上がりました。

 

当日、支援員が用意をしていると、自ら「手伝う」と言ってくれた人がいて、スムズに準備ができました。まず、ラジオ体操をしてAチムとBチムに分かれました。

 

 

玉入れ綱引き徒競走の順に競技開始です。一番盛り上がったのは徒競走でした。笛の合図でスタト。始めはAチムが優勢でしたが、急に走るのを止めてほふく前進。その瞬間、笑いに包まれましたが、あっという間に抜かれて、そのままBチムの逆転勝利でした。

 

最後は、全員で記念撮影をしてまた来年もしたいね!と話しました。

 

 

 

阪南市の波太神社に初詣

 

「ウィンディ・ウィロズ」では、1月7日に阪南市の波太神社に初詣に行きました。今年は、毎年の神社から変更したので、出発前から「どんな神社かな?」「店は出てるかな?」と楽しみにしている様子でした。

 

駐車場に着くと鳥居の大きさにびっくり!

その鳥居をくぐって手水舎に行き、手を清めました。毎年の光景ですが、手水の方法を知っている人が、今回も柄杓を持って他の人に教えてあげて嬉しそうでした。

 

長い参道を歩いて、いよいよ神殿に参拝。ちょうど一般の参拝者がご祈祷を受けていたので、それに合わせて手を合わせました。

願い事を聞くと全員秘密。はたして叶うのでしょうか?

 

「ウィンディ・ウィローズ」のクリスマス会

 

「ウィンディ・ウィローズ」では、12月に入ると毎年のように利用者の会話に、2つの言葉がでてきます。それはクリスマスとサンタクロース。理由を聞くと「おいしい物を食べられる」「サンタさんにプレゼントをもらえるから」。とても楽しみにしているようです。そこで、今年はみんなでツリーを作ることにしました。

 

 

まず、段ボールを三角形に切って、それぞれに色を塗ったり絵を描いたりします。いつもハサミを使う作業をしている人は、「上手に切れたよ!」と得意げに見せてくれました。絵が好きな人は、出来上がりに満足そうです。みんなの三角ツリーを組み合わせると、大きな大きなクリスマスツリーが完成しました。「きれい!」「僕が描いた絵があった!」と喜んでいました。

 

さて、今年もサンタクロースは、みんなにプレゼントを届けてくれるのでしょうか?

今から楽しみに待っています。

 

ヒマワリの種採り

 

「ウィンディ・ウィロズ」には畑があります。野菜以外にヒマワリも植えました。今年の夏はご存知の通り猛暑。水をたくさんやってもなかなか大きく育ちませんでした。それでも咲き終わった後に、種を採ることにしました。

 

「学校でしたことある。種採り上手やで!」と張り切っていた人も、いざ始まると小さすぎて苦労していました。でも慣れてくると手際よくなりました。細かい作業が難しい人も集める係になって嬉しそうです。「ヒマワリ、きれいやったなあ」「これ食べられるん?」などと、おしゃべりも弾みました。

 

来年もこれをみんなで植えます。今度こそは大きな黄色い花が、「ウィンディ・ウィロズ」を彩ってくれますように……

楽しみに待つことにします。

 

 

 

レストラン「森の小径」で外食体験    ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では9月20日(木)にレストラン「森の小径」へ外食体験に出掛けました。電車を貸し切っての食事。みんな早くから楽しみにしていました。

 

当日は雨、傘をさして車内へ入りました。阪堺線で使用されていたので、懐かしい雰囲気です。当時のシートを利用した席に座り、ソワソワしながら待ちました。いよいよ料理が運ばれてきます。まずは前菜。大皿に盛りつけられたキッシュやサラダなどを支援員が取り分けました。先に食べかけた人もいましたが、そこは我慢。みんな揃ったところで「いただきま〜す」。アツアツのピザやパスタが何種類も運ばれて来ます。その度「おいしそう!」「おかわり!」と、にぎやかな食事会でした。

 

雨の中、料理を運んでくれたスタッフの方々、ありがとうございました。

 

 

 

「環境教室」でエコバッグ作り

 

毎年夏に開催している大阪環境カウンセラー協会による「環境教室」を、8月18日に行いました。今年は玉ネギ染めのオリジナルエコバッグ作りです。

 

まず、各グループに輪ゴムとボタンが配られました。早速「これはどうするの?」と先生に質問。「模様をつけるために、それで絞って輪ゴムで止めます」とやり方の説明がありました。早くしたくて話の途中で取りかかろうとする人もいました。支援員とボランティアに協力してもらいながら、真剣に思い思いの形にしていきます。

 

 

その後、玉ネギを煮出して作った液に浸しました。染まるまでの間に、ごみについての講義を聞きました。染まったら輪ゴムを外して完成。きれいな模様ができていて、「きれい!」「上手にできた」「お母さんに見せる!」など、みんな満足そうでした。

これを持ってお買い物に行かなくちゃと、話しながら終了しました。

 

 

お好み焼きづくりに挑戦    ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では7月26日に調理体験をしました。メニューは、お好み焼き。前日の買い出しでも「明日のお好み焼きが楽しみ!」「お好み焼き、大好き」などと、とても期待している様子でした。

当日、5つのグループに分かれて、それぞれのテーブルにホットプレートと材料を用意しました。待ちきれないようで、お玉を持ってスタンバイしている人もいます。

 

 

材料を順番に混ぜて焼き始めました。「熱いから気を付けて」と声を掛け合い、グループで協力して生地を流します。ひっくり返すのも自分たちで行い、きれいにできると「お〜! やったあ!」とみんなで大盛り上がりです。

 

さあ出来上がりました。「おいしい!」「上手にできた」と大満足。今後も「自分で作って食べて楽しむ」という機会を作っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

避難訓練をしました       ウィンディ・ウィローズ

 

6月21日(木)に「ウィンディ・ウィローズ」では避難訓練を行いました。混乱しないために、事前に利用者に話をすると「消防車、今年も来てくれるかな?」と昨年のことを覚えているようでした。

 

当日は気になって何度も玄関に、見に行きます。いよいよ消防車が到着。喜ぶ人もいましたが、緊張した様子の人も。訓練が始まると支援員の誘導でスムーズに避難することができました。その後、署員に避難の注意点などを教えてもらいました。「何か質問はありませんか?」と聞かれて、「黒い消防車はありますか?」「水陸両用車はありますか?」などと質問。最後に消防車と一緒に写真を撮り、終了しました。

 

この数日前、大阪北部で大きな地震がありました。いつ何が起きるかわかりません。訓練の大切さを改めて感じました。

 

保存保存

馬の蹄鉄の飾り作り     ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では4月から、馬蹄のインテリア作りを始めました。「森の小径」の馬が蹄鉄を交換して不要になったもので作ります。

きれいに磨いて、白や銀、金などの色を塗ってビーズや星型などの飾りを付けます。一番難しいのが磨き作業。さびがこびりついているので、金属やナイロンのたわしでこすって落とします。なかなか根気がいります。「ここ落ちへん」「きれいになってきたわ」「これでいい?」と、ピカピカになるのを楽しみに一生懸命磨いています。

 

 

 

蹄鉄は欧米では、魔よけや幸せを呼ぶアイテムだそうです。野のはなフェスティバルでも販売しました。「ほら、売ってるよ」とみんなに見せると、照れくさそうに笑っていました。でもとても嬉しそうです。

 

これからもいろいろなアイデアを取り入れて、色んなものを作っていきたいと思います。