Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
調理体験。サンドイッチ!   ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では、毎年調理体験を行っています。今年はサンドイッチです。

 

まず具材の準備を行いました。卵&レタス、焼きそば、ハンバーグ&ウインナーの班に分かれて、それぞれ協力して進めます。途中で我慢できずにハンバーグに手が伸びてしまう人も(笑)。そんなこともありつつ、準備が整い、バイキング形式で具材を取って回りました。

 

 

パンパンになるほど挟む人、好きなものだけ入れる人、具とパンを分けて食べる人など、それぞれ好きな食べ方をして楽しみました。もちろんおかわりも忘れません。満足の調理体験になりました。

 

次のメニューは何なのか、今からすでに待ち遠しいみんなです。次回をお楽しみに。

 

 

泉佐野丘陵緑地でお花見   ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では、3月26日に泉佐野丘陵緑地へお花見に出掛けました。当日、朝から「何時に行くの?」「桜は咲いているかな?」「昼ご飯は何?」と支援員に質問攻め。とても楽しみにしていました。

 

 

天気がよくて暑いぐらいだったので、日陰を探します。しばらく歩くと森の中に木陰がある広場を見つけ、そこで弁当を食べることにしました。メニューは以前の外出の際に好評だった「からあげ弁当」。今回も「おいしい」とあっという間に食べてしまいました。

 

その後、竹の木琴で遊んだり、葉っぱや枝を拾ったり、散策をしたりして過ごしました。

 

 

 

 

残念ながら桜はまだまだ本咲きではありませんでした。竹の木琴は、みんながすごく喜んだので、帰ってから近くの竹を切ってきて似たような物を作りました。

 

 

 

早く大きくなーれ!   ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」の畑には現在、玉ネギ、キヌサヤ、ジャガイモ、レタス、ホウレン草、大根などが植えられています。

 

 

 段々と暖かくなって、作業は汗をかくことが多くなりました。喉がよく渇くので、たびたび休憩をして水分を取ってもらっています。その時、「これから暑くなって草がいっぱいになるから、頑張らないとあかんなぁ」と利用者の力強い声が聞こえてきました。また水やりの得意な人が、何かぶつぶつとつぶやきながら水をやっています。そばに行って聞いてみると「早く大きくなーれ」。「どうして早く育って欲しいの?」と尋ねると「食べたい」とのことでした。

 

一日でも早く収穫ができて食べられるようになるのを楽しみに、みんなで畑作業を頑張っていきます。 

 

ミニ運動会で疾走!   ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では、2月20日に泉南市立体育館でミニ運動会をしました。到着するとさっそく準備体操をして、2つのチ―ムに分かれて始めました。

 

 

まずは玉入れ。一生懸命に的をねらうのですが、なかなか入らず苦戦していました。続いて綱引き。始まる前は力強く綱を握っていたのに、途中で急に手を離した人がいて、勝負はあっという間につきました。

 

最後はリレ―です。注目は、昨年「ほふく前進」をして笑わせてくれた人がどんな走り方をするのか? 今年は「後ろ歩き」でした。ゆっくりだったので抜かれてしまったのは言うまでもありません。次はどんな走法を見せてくれるのでしょうか? 今から楽しみです。

 

戻る車内では、早くも来年の話をする人や寝てしまう人もありました。

 

 

泉南市の一岡神社に初詣    ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では、1月6日に泉南市の一岡神社に初詣に行きました。当日に行き先を伝えると「行ったことあるとこやね!」と昨年のことを覚えていて、喜んでいました。

 

 

駐車場に着いてまず向かったのが手水舎。手を清めて口をすすぎました。毎年のことなので慣れたものです。そして神殿へ参拝。一人一人願い事をしました。「今年は作業がんばる!」「たくさん遊びに行きたい!」と大きな声をだした人もいて「人に聞こえるとかなわないよ」とみんなで笑いました。

 

 

戻ってからみんなでぜんざいを食べ、今年の抱負を書きました。「上手に作業できますように」「仕事を一生懸命する」などそれぞれです。字を書けない人は、ねずみの絵を描きました。

 

また今年一年、みんなで頑張っていきたいと思います。

 

クリスマスが大好き!   ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では、1226日にクリスマス会を行いました。みんながとても楽しみにしている行事です。11月中旬ぐらいから会話の中に「クリスマス」「サンタさん」という言葉がよく出てきました。

 

まず会場の飾り付け。飾りは自由時間に作りました。自分が作ったものが飾られると本当に嬉しそうです。

 

セッティングが終わると、いよいよ始まります。最初のプログラムはカラオケ。この日のために家で一生懸命練習してきた人もいました。その成果もあって、たいへんな盛り上がりでした。

 

 

 

午後からはビンゴゲーム。始まって5分も経たないうちに最初にビンゴになったのは職員でした。あまりの速さにみんなびっくり。早く当てたくて、自分のカードと数字が書かれたホワイトボードを何回も確認する人もいました。無事に全員がビンゴになったところでケーキを食べて終了しました。

 

また来年もしたいね!と今から楽しみにしています。

 

 

 

サツマイモの収穫   「ウィンディ・ウィローズ」

 

「ウィンディ・ウィローズ」の畑で育ったサツマイモが収穫時期を迎え、10月17日にみんなで芋掘りをしました。土が硬かったので、支援員が鍬でほぐしてから掘り出しました。

 

「でっかいのあったよ」「こっちにもある」とみんな夢中です。大き過ぎて引き抜こうとするとツルが切れてしまうハプニングもありましたが、今年はたくさん採れました。

 

 

終わって、みんなで片付けをしていると、Tさんが何やら掘り返していました。何と、まだサツマイモが眠っていたようです。更に別の場所も掘ります。またまたサツマイモが! これにはみんなびっくり。何か特別な能力があるのでは?と盛り上がりました。

 

収穫したサツマイモは昼食でおいしく食べたり、秋祭りで販売したりしました。

 

 

 

岸和田支援学校の「作業所ぶっぴんマーケット」に参加    ウィンディ・ウィローズ

 

10月8日(火)に岸和田支援学校で「作業所ぶっぴんマーケット」というイベントがあり、卒業生3名が参加しました。他の事業所の出店もあり、Sさんは久しぶりに友人と会って嬉しそうです。「心の友です」と教えてくれました。

 

 

マーケットが始まると、たくさんの生徒と先生が「野のはなブース」にやって来ました。ここでMさんの営業トークがさく裂。「おいしいパンはいかがですか」と、どんどん声を掛けます。「マジックブルーム」のパンはもちろん、「森の小径」の蹄鉄かざりにも「結構重い」と皆さん興味津々でした。以前紹介した「ウィンディ・ウィローズ」のチラシの編みかごは、今回が初お披露目!! Aさんは元担任の先生に、自分の作品を薦めていました。

 

 

久しぶりの母校ということで、普段とは違った姿を見られたと感じました。来年もぜひ参加できればと思います。

 

チラシでかご作り   ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」で、新しい取り組みとして、紙かご作りを始めて半年が経ちました。材料は生協の廃棄チラシです。完成までには細かな工程があります。利用者と支援員が役割分担しながら協力して作っています。

 

まず、チラシを細長くカットし、竹ひごでクルクル棒状に巻きます。かごの底は支援員が作り、編むのは利用者です。人によって力の加減が違います。しっかり編むと目の詰まったものになり、ゆるいと軽めの柔らかい感じに仕上がります。ニスを塗ると紙製とは思えないほどしっかりします。

 

 

その人の個性が表われるので、同じ物はありません。パーツを作るのが得意な人、編む作業に集中する人、丁寧にニスを塗る人など、各自が得意な力を発揮しています。

 

出来上がったかごは「マジックブルーム」や「マシュウおじさん」で、商品の陳列に使っています。

今後イベントなどで、皆さんに見てもらえる機会があればと考えています。

 

環境出前講座でステキなスノードーム作り    ウィンディ・ウィローズ

 

8月24日に行われた「環境出前講座」の様子です。

今年のテーマは「食品ロス」。講義を受けながらクイズをして、スノードームを作りました。みんな楽しそうでした。

 

機関紙「森のこえ 風のうた」の記事は、こちらから