Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
「おがくずアート」に挑戦! キーホルダーを作りました。

 

「野のはな」では大阪環境カウンセラー協会のご協力を得て、毎年、環境についての学習会を行っています。今年は木を使ったワークショップです。キーホルダーを作りました。まず、大きな木を材木に加工する製材所の様子をビデオで見ました。その時、大量にでる木くずが「おがくず」です。これを使って「おがくずアート」に挑戦しました。講師は「にしもく合同会社」の西川貴章さんです。

 

 

手先を使う細かい作業でしたが、「どんな絵にしよう」「何色がいい?」と自分で考えながら作ったキーホルダーは特別。みんなの満足そうな笑顔が印象的でした。

 

今回体験したのは、「野のはなハウス」「マジックブルーム」「ウィンディ・ウィローズ」です。「ガマダシモン」「森の小径」「森の小径2号館」は新型コロナの影響で延期になりました。    

 

 

工程は、

1、えんぴつで下絵をかく

 

 

 

2、ボンドでなぞる

 

 

 

3、好きな色の粉をふりかける

 

 

4、よぶんな粉を落とす

 

 

 

「やぐら」は何の木でできているんですか? 「だんじり」は? 「ふとん太鼓」をかつぐ棒は? みんなからの質問です。さすが泉州っこ。一番身近な木が祭り関連とは。

 

「秋になったら葉が色付く桜や紅葉の木は硬く、1年中緑の木は柔らかくて加工がしやすい」など、興味深い話を交えて、いろいろと教えていただきました。

 

 

↓ウィンディ・ウィローズの天井の木組みはスギ。見上げて、確かめました

 

 サクラ・マツ・ヒノキ・スギ・ケヤキ・ホウの6種類の木を直接触って、匂いや硬さを比べました。加工しやすい木や見た目が良くて高級なものなどがあり、それぞれの特長を生かした使い方をするそうです。

 

 

 

身近過ぎて意識しなかった「木」について考えるいい機会になりました。