Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
ヒマワリの種採り

 

「ウィンディ・ウィロズ」には畑があります。野菜以外にヒマワリも植えました。今年の夏はご存知の通り猛暑。水をたくさんやってもなかなか大きく育ちませんでした。それでも咲き終わった後に、種を採ることにしました。

 

「学校でしたことある。種採り上手やで!」と張り切っていた人も、いざ始まると小さすぎて苦労していました。でも慣れてくると手際よくなりました。細かい作業が難しい人も集める係になって嬉しそうです。「ヒマワリ、きれいやったなあ」「これ食べられるん?」などと、おしゃべりも弾みました。

 

来年もこれをみんなで植えます。今度こそは大きな黄色い花が、「ウィンディ・ウィロズ」を彩ってくれますように……

楽しみに待つことにします。

 

 

 

桜ヶ丘自治会の防災訓練に参加しました

 

1021日(日)、「野のはなの家」「野のはなの家2号館」では、桜ヶ丘自治会の防災訓練に参加しました。まず、参加者の点呼があり、班長がけが人や不明者の数を報告しました。

 

次にテント張り。大きなテントをみんなで張ります。背の高いTさんが高いところのひもを楽々と取り付けました。周りから「ほーっ!」と感心してもらって嬉しそうです。続いて救出訓練。チェーンソーを使います。機械に興味のあるKさんが一番に手を挙げました。エンジンを一発で始動させて、けが人に覆いかぶさっている板を手早く切断。固唾をのんで見守っている世話人をよそに、涼しい顔でやり遂げました。その後も発電機を起動させたりして大活躍。賞賛の拍手をもらいました。

 

いつ起こるかわからない災害に備えて訓練を重ね、緊急時には慌てず落ち着いて行動できるようにしたいと思います。

 

 

大阪ガス・ガス科学館の見学    ガマダシモン

    

 

「ガマダシモン」では、9月26日(水)に高石市にある「大阪ガス・ガス科学館」へ見学に行きました。行事が近づいてくると「私、イベント大好き」「お菓子持って行ってもいいのかな」「メイクしていってもいいのかな」など、とても楽しみにしていました。

 

 

当日は、バスと普通車に分かれて出発しました。バスの中では普段とはまた違った表情がみられた時間でした。ガス科学館に到着後、2班に分かれて映画館と展示館を見学しました。映画館ではエネルギーと地球環境について学び、展示館では液体窒素を使った実験や落ちないシャボン玉など科学の不思議を参加型展示物で体感しました。それぞれが興味のあるコーナーで楽しんでいました。

 

 

見学の後はランチタイムです。ランチルームで「楽しかった」「おもしろかった」と感想を話しながらお弁当を食べました。帰りのバスの中でも楽しそうでした。

 

 

岸和田支援学校で進路の話    森の小径

 

9月19日(水)、「森の小径」の松藤真衣さんが、母校の岸和田支援学校で講師を務めました。8月に進路指導の先生から講演の依頼がありました。どのような作業をしているのかなど「森の小径」での日常を、どんな風に発表しようかと、何度も打ち合わせをし、作業風景を写真に撮ってもらいました。

 

前日から少し体調を崩して、参加が危ぶまれましたが、「行きます」と授業時間に合わせて学校へ。教室に入り、スクリーンに作業の様子を映しながら、細かく説明していきました。先生から「大変なことは?」と聞かれ、その回答に歓声と拍手が起こりました。「大変なことは特にありません。仕事ですから苦手なことも頑張ります」。

 

終了後、先生から早速次回のオファーをもらいました。後輩には、先輩の一生懸命な姿がとても輝いて見えたと思います。

阪南市のリサイクルブック爐弔覆り瓩妊僖麋稜筺  .泪献奪ブルーム

 

9月15日(土)、阪南市サラダホールにあるリサイクルブック爐弔覆り瓩韮閏年の記念イベントが開催されました。爐弔覆り瓩蓮⊃渊餞曚肪屬韻覆なった本などを売り、その収益で市内の公共施設に本を寄付しています。阪南市の市民協働事業として「本のリサイクル運営委員会」が運営しています。

 

「マジックブルーム」は、絵本「からすのパンやさん」にちなんだキャラクターパンをたくさん用意して参加しました。開店前からお客さんが並んで、オープンと同時に多くの方でにぎわいました。小さな子どもに動物パンは大人気! 絵本の影響もあって、笑顔と会話があふれるパン販売となりました。

 

利用者も興味のある本を見つけたようです。「読書の秋」にピッタリな出会い。同級生や恩師、知人と偶然の再会もありました。本だけでなく、人との出会いやつながりを感じた一日でした。

 

レストラン「森の小径」で外食体験    ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では9月20日(木)にレストラン「森の小径」へ外食体験に出掛けました。電車を貸し切っての食事。みんな早くから楽しみにしていました。

 

当日は雨、傘をさして車内へ入りました。阪堺線で使用されていたので、懐かしい雰囲気です。当時のシートを利用した席に座り、ソワソワしながら待ちました。いよいよ料理が運ばれてきます。まずは前菜。大皿に盛りつけられたキッシュやサラダなどを支援員が取り分けました。先に食べかけた人もいましたが、そこは我慢。みんな揃ったところで「いただきま〜す」。アツアツのピザやパスタが何種類も運ばれて来ます。その度「おいしそう!」「おかわり!」と、にぎやかな食事会でした。

 

雨の中、料理を運んでくれたスタッフの方々、ありがとうございました。

 

 

 

今日はKくんの誕生日     野のはなの家2号館

 

グループホーム「野のはなの家2号館」は7部屋。年齢の違う人たちが共同で生活しています。今日は、野菜工場で働くKさんの誕生日です。

 

誕生日には夕食の後でケーキが出ます。世話人と本人以外の利用者が一緒に作ります。スポンジケーキに生クリームを塗り、フルーツを飾って出来上がり。料理の好きな人が、フルーツを切ったりデザインを考えたりします。普段は甘いものを食べない人も、この日は同じテーブルでケーキを頬張ります。夕食でお腹いっぱいのはずなのに、ぺろりと平らげて満足顔。Kさんもとても嬉しそうでした。

 

普段は口数の少ない人が多い2号館ですが、「おめでとう」「何歳になったん?」などと、会話が増えていつもよりにぎやかでした。みんなの絆がより強まる機会にもなりました。

 

阪南スポーツフェスタでパン販売   マジックブルーム

 

阪南市立総合体育館で「阪南スポーツフェスタ」が開催されました。楽しい催しが盛りだくさん! 「マジックブルーム」のみんなも、パン販売をがんばりました。

 

 

料理教室でパンケーキ作り   野のはなハウス

 

「野のはなハウス」では、8月31日に料理教室を行いました。メニューはパンケーキ。パンケーキというと簡単そうですが、やることはたくさんあります。3人ずつに分かれて、みんなで協力しました。支援員はできるだけ見守りに徹しました。

 

まずは材料の計量から。はかりを使うのは初めてという人が、ボールに粉を入れながら量りました。使い慣れている人が「もっと入れていいよ」「もう少し」などとアドバイス。交代で卵を割ったり混ぜたりしました。いざ焼く段になると、みんな緊張した表情。慎重に生地をホットプレートに流し入れます。「表面がプツプツしてきたらひっくり返して」と支援員に言われたものの、緊張してなかなかできません。戸惑ううちにちょっと焦げたり、くっついたり。でもおいしそうに焼き上がりました。生クリームやチョコスプレー、果物などを好きなだけ盛り付けて完成です。

 

大量にできましたが、全員で完食! 片付けも協力して、あっという間の3時間でした。

 

食器の片付けは当番制で     グループホーム野のはなの家

 

「野のはなの家」は、障がいのある人のグループホームです。1〜3号館まであります。自立した生活をしたいけれど一人暮らしは難しいという人が、世話人や生活支援員のサポートを受けながら共同生活をしています。ここ「野のはなの家3号館」のメンバーは7人。昼間は民間企業や就労継続支援、生活介護の事業所へ通っています。

 

 

夕食は6時から。みんなで食卓を囲んで今日の仕事の事、芸能ニュースや好きなテレビ番組の話などをしながら楽しく過ごしています。食べ終わった食器は各自でシンクへ。食器の片付けは当番制です。今日の担当はYさん。自分のペースで一つずつ丁寧に拭いて、食器棚に戻します。「ここだったかなあ?」と世話人に確認しながら15分程で終わりました。

 

 

当番の日に帰宅が遅くなったり、病気でできないこともあります。そんな時は誰かが「今日は僕が代わろうか?」と申し出てくれます。こんな場面に出会うと、一つ屋根の下で暮らしている仲間がいるっていいなと思います。