Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode
今日はKくんの誕生日     野のはなの家2号館

 

グループホーム「野のはなの家2号館」は7部屋。年齢の違う人たちが共同で生活しています。今日は、野菜工場で働くKさんの誕生日です。

 

誕生日には夕食の後でケーキが出ます。世話人と本人以外の利用者が一緒に作ります。スポンジケーキに生クリームを塗り、フルーツを飾って出来上がり。料理の好きな人が、フルーツを切ったりデザインを考えたりします。普段は甘いものを食べない人も、この日は同じテーブルでケーキを頬張ります。夕食でお腹いっぱいのはずなのに、ぺろりと平らげて満足顔。Kさんもとても嬉しそうでした。

 

普段は口数の少ない人が多い2号館ですが、「おめでとう」「何歳になったん?」などと、会話が増えていつもよりにぎやかでした。みんなの絆がより強まる機会にもなりました。

 

阪南スポーツフェスタでパン販売   マジックブルーム

 

阪南市立総合体育館で「阪南スポーツフェスタ」が開催されました。楽しい催しが盛りだくさん! 「マジックブルーム」のみんなも、パン販売をがんばりました。

 

 

料理教室でパンケーキ作り   野のはなハウス

 

「野のはなハウス」では、8月31日に料理教室を行いました。メニューはパンケーキ。パンケーキというと簡単そうですが、やることはたくさんあります。3人ずつに分かれて、みんなで協力しました。支援員はできるだけ見守りに徹しました。

 

まずは材料の計量から。はかりを使うのは初めてという人が、ボールに粉を入れながら量りました。使い慣れている人が「もっと入れていいよ」「もう少し」などとアドバイス。交代で卵を割ったり混ぜたりしました。いざ焼く段になると、みんな緊張した表情。慎重に生地をホットプレートに流し入れます。「表面がプツプツしてきたらひっくり返して」と支援員に言われたものの、緊張してなかなかできません。戸惑ううちにちょっと焦げたり、くっついたり。でもおいしそうに焼き上がりました。生クリームやチョコスプレー、果物などを好きなだけ盛り付けて完成です。

 

大量にできましたが、全員で完食! 片付けも協力して、あっという間の3時間でした。

 

食器の片付けは当番制で     グループホーム野のはなの家

 

「野のはなの家」は、障がいのある人のグループホームです。1〜3号館まであります。自立した生活をしたいけれど一人暮らしは難しいという人が、世話人や生活支援員のサポートを受けながら共同生活をしています。ここ「野のはなの家3号館」のメンバーは7人。昼間は民間企業や就労継続支援、生活介護の事業所へ通っています。

 

 

夕食は6時から。みんなで食卓を囲んで今日の仕事の事、芸能ニュースや好きなテレビ番組の話などをしながら楽しく過ごしています。食べ終わった食器は各自でシンクへ。食器の片付けは当番制です。今日の担当はYさん。自分のペースで一つずつ丁寧に拭いて、食器棚に戻します。「ここだったかなあ?」と世話人に確認しながら15分程で終わりました。

 

 

当番の日に帰宅が遅くなったり、病気でできないこともあります。そんな時は誰かが「今日は僕が代わろうか?」と申し出てくれます。こんな場面に出会うと、一つ屋根の下で暮らしている仲間がいるっていいなと思います。

 

 

実習生がやって来ました    ガマダシモン

 

今年の夏も「ガマダシモン」には、実習や見学の方がたくさん来られました。8月には、3カ所の支援学校高等部3年生の実習もありました。卒業後の進路選択に向けた大切なものです。今回は、初めて富田林支援学校からの参加もありました。「1時間近くかかりましたが、思っていたより早く着きました」とのことです。

 

 

実習生は、保護者や先生と一緒にやって来ます。こちらにまで緊張が伝わってくるほど固くなっている人、物おじせず元気いっぱいの人など、個性豊か。初日は初めてのことばかりで、戸惑っているようでしたが、2日目には会話や笑顔も増えて、少し慣れたようです。「ガマダシモン」の利用者も実習経験があるので、自然に声を掛けたり手助けして協力する姿が印象的でした。

 

イオンモール和歌山へ外出体験    マジックブルーム

 

「野のはな」では月に一度、事業所ごとに行事を企画しています。「マジックブルーム」の7月の行事は、外出体験。南海本線和歌山大学前駅のすぐ近くにあるイオンモール和歌山へ出かけました。

 

 

最寄りの尾崎駅から出発。各自で切符を購入しました。電車に乗り慣れている人が多くてスムーズでした。

到着後は、班別に分れてウインドーショッピングをしました。ペットショップが大人気。子犬を抱かせてもらって喜ぶUさんの笑顔が印象的でした。

 

 

いよいよフードコートでの昼食です。今回は食べたいものを自分で選んで、自分で注文する事が目的です。メニューの選択や支払いに時間がかかる人もいましたが、できるだけ自分でするように見守りました。「僕、牛タンにしたよ」と教えてくれたKさん。熱いラーメンを豪快に食べるBさん。みんなとの外食に初めて参加することができたTさん。全員とても楽しそうでした。帰路はお腹も心も満たされて、みんな穏やかな表情でした。

 

 

 

「環境教室」でエコバッグ作り

 

毎年夏に開催している大阪環境カウンセラー協会による「環境教室」を、8月18日に行いました。今年は玉ネギ染めのオリジナルエコバッグ作りです。

 

まず、各グループに輪ゴムとボタンが配られました。早速「これはどうするの?」と先生に質問。「模様をつけるために、それで絞って輪ゴムで止めます」とやり方の説明がありました。早くしたくて話の途中で取りかかろうとする人もいました。支援員とボランティアに協力してもらいながら、真剣に思い思いの形にしていきます。

 

 

その後、玉ネギを煮出して作った液に浸しました。染まるまでの間に、ごみについての講義を聞きました。染まったら輪ゴムを外して完成。きれいな模様ができていて、「きれい!」「上手にできた」「お母さんに見せる!」など、みんな満足そうでした。

これを持ってお買い物に行かなくちゃと、話しながら終了しました。

 

 

「2018 スマイルフェスティバル」に参加しました   マジックブルーム

 

8月8日の「ライフケア尾崎 夏祭り 〜2018〜 スマイルフェスティバル」に参加しました。

地域の方が大勢見えて大にぎわい。「マジックブルーム」の「パン de ゲーム」も大盛況でした。

 

 

 

 

 

お好み焼きづくりに挑戦    ウィンディ・ウィローズ

 

「ウィンディ・ウィローズ」では7月26日に調理体験をしました。メニューは、お好み焼き。前日の買い出しでも「明日のお好み焼きが楽しみ!」「お好み焼き、大好き」などと、とても期待している様子でした。

当日、5つのグループに分かれて、それぞれのテーブルにホットプレートと材料を用意しました。待ちきれないようで、お玉を持ってスタンバイしている人もいます。

 

 

材料を順番に混ぜて焼き始めました。「熱いから気を付けて」と声を掛け合い、グループで協力して生地を流します。ひっくり返すのも自分たちで行い、きれいにできると「お〜! やったあ!」とみんなで大盛り上がりです。

 

さあ出来上がりました。「おいしい!」「上手にできた」と大満足。今後も「自分で作って食べて楽しむ」という機会を作っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

消防訓練をしました   森の小径

 

「森の小径」では7月25日に消防訓練をしました。レストランからの出火を想定して避難します。支援員の「火事です」の声で始まり、実際に通報装置で消防へ通報。その間に各作業場所から外へ避難しました。点呼をとると「○○さんがいない!」と声が上がりました。慌てて見に行くと、げた箱の前で靴を履き替えていました。本物の火災でなくて本当に良かったと感じた場面でした。

 

 

 

避難後、水消火器を使用した消火体験もしました。口々に「ピン、ポン、パン」と消火器の使用手順を言いながら頑張りました。その後、防災のDVDを見て、初期消火の大切さをわかりやすく教えてもらいました。

 

火災はあってはなりませんが、万が一に備えて、常日頃から意識をしっかりと持っておくことが大切だと改めて感じました。